足のニオイ対策方法

今日から始めたい!ニオイを消す生活習慣

足のニオイの原因は、雑菌を主役に汗や垢、そして湿度などが関係して発生されます。
では、これらの状況を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

【危険度ナンバーワン!靴下を改善】

足にぴったりとフィットしている靴下は、汗をたっぷりと含んでいます。
特に男性の靴下は、仕事で革靴を履くことも多い事もあり、蒸れて雑菌やバクテリアの宝庫となっています。

また、女性の場合ではストッキングも要注意。
通気性が悪く、汗を吸収しにくくなっているのがほとんどですから、ストッキングの繊維の間には雑菌やバクテリアがうようよ…。これらに快適な温度と湿度を提供する、まさに培養所のような具合になっているのです。

これを改善するには、足の蒸れを予防する靴下、そしてストッキングに変えると良いです。「5本指靴下」「デオドラント靴下」、そして「つま先タイプのストッキング」などです。

5本指の靴下などは代表的なもので、足指を離すことで足の汗や脂分を吸収し、湿気を取り除くといわれています。
最近では足のニオイを軽減させる通気性の良いデオドラント靴下も販売されていますから、これを活用しない手はありません。

【ニオイを抑える靴選び】

リレーソール

仕事で1日中革靴を履き続けなくてはいけない場合は、汗を吸収しやすく通気性が良い「天然革靴」がおすすめです。また、通気性に優れたメッシュ素材の靴や、ウォーキングシューズの中にいれるソールに穴が開いている靴を選ぶといいです。

また、女性のオシャレな靴では、カットが浅いデザインの靴を選ぶようにします。カットが浅いと空気がうまく外に逃げられ、通気性も高くなります。

そして、靴のサイズによって足のニオイを抑えることもできるのですから、ここはしっかりと選んで欲しいもの。
的確なサイズは足の対する負担もストレスも軽減しますが、大きすぎたり小さすぎたりする靴は足に負担をかけるだけでなくストレスも倍増させるのです。

最後に大事なのが、靴のお手入れです。履いた後は下駄箱にすぐに入れないで、乾かしておきます。除菌用アルコールスプレーなどを軽くスプレーしておくとさらに良いです。

靴の中に入れて使用できる消臭効果のあるインナーソールもあります。どんなタイプにも合う種類が販売されているので、中敷きに使用することで足のニオイを抑えることができます。

【入浴は絶好のニオイ消しタイム】

ボディオール

入浴した際は、除菌や消臭効果のある浴用石鹸で、足の裏から指の間まで丁寧に洗うことが大事です。
これに、殺菌や消臭作用のある香料をお湯に数滴たらし、その中に足をいれて洗うとさらに効果も上がります。
そして入浴後には、古い角質を軽石や専用のやすりで削り取ると、雑菌の繁殖を減らすことができます。

他にも、入浴時は手間を掛けることでニオイを抑えることができます。
ニオイを消す効果がある重曹を石鹸代わりに使って洗ったり、お湯をはった洗面器にお酢を入れて足を浸すといいともいわれています。

天然成分でニオイの原因をシャットアウトするボディオールのデオドラントクリームといった消臭クリームも販売されています。寝ている間に繁殖するニオイの原因となる雑菌を、お風呂上がり、寝る前の清潔なお肌に使用することで翌朝の消臭効果が高まります。

トップへ戻る