足のニオイの原因

足のニオイの原因はストレスにもある?

どんなに足がきれいな人でも、その足元から漂うニオイがとんでもなく臭いものだったら…誰もいい印象なんてもちませんよね。

このニオイの原因ともなっているのが、
密室ともいえる靴の中に大量の汗がでることでニオイが発生するのです。

人の汗は、アポクリン腺とエクリン腺という穴から出ています。
これを汗腺といいますが、アポクリン腺は体の決まったところにあるもので、中性脂肪脂肪酸アンモニアといった臭いの元となる物質が分泌されています。
エクリン腺は、ほとんどが水分でほんのちょっと塩分がでるぐらいです。

では、足にある汗腺はアポクリン腺と思われる方もいますが、実はエクリン腺です。
しかも足の裏にはエクリン腺が大量に集中しており、その量は「体の中でも最も汗をかく部分」といわれているほどなのです。

ただ、エクリン腺にはアポクリン腺のようにニオイの物質が入っていませんから、この汗そのものからニオイが発生することはありません。むしろ、ほとんど水ですから無臭です。

では、なぜニオイが発生するのかというと、それは足の裏についている雑菌。実は汗だけではなく、雑菌もニオイの原因となっているのです。

足の裏というのは、通常に皮膚よりも角質層が厚くできています。
この表皮細胞がはがれて垢となるわけですが、この垢は雑菌の大好物。垢が豊富にあるほど雑菌の栄養となり、ますます繁殖していきます。

これに皮脂腺からの分泌物が混じることで、ニオイが発生。
さらに靴や靴下でピッタリと密集することで、足の裏の温度がキープされ、汗をかくことで湿度がぐんぐん上昇。
細菌にとっては最高に住みやすくなり、その働きが活発になるのです。

ストレスはニオイの元!?

足のニオイは汗や雑菌だけが関係して起こるものではありません。
なんと、ストレスが原因となってニオイが強くなることもあるのです。
家でゆっくりしているときはなんのニオイもしないのに、職場ではニオイが鼻に付く…なんて人は、ストレスが原因でニオイを強くしているといえます。

ストレスは、体が緊張した状態で発生します。そして、それが汗を大量に発生させることにもなるのです。
となると、足の裏も…汗が大量に発生し、雑菌が喜んで繁殖。ニオイが強くなります。

このストレスによる汗を、精神性発汗と呼んでいます。
古くから「冷や汗」「手に汗を握る」なんて言葉はありますが、まさにこれを表しているといえます。

ニオイを倍増させる危険な食事

食べる食材によっては、足のニオイをさらに強烈にすることもあります。
特に脂っこいメニューが多い洋食は危険!
汗をかきやすくなり、それにより足のニオイ指数も上昇します。

ステーキやハンバーグといったどうしても脂っこいものが多くなりがちな洋食は、動物性タンパク質や脂質がたっぷりで、体の代謝機能を活性化させてくれるものの、汗をかきやすくもしてくれるのです。

発汗量が増えれば、雑菌やバクテリアの繁殖がしやすくなり…足のニオイもきつくなるということなんですね。

最強タッグ!加齢臭

中高年の男女から漂う独特のニオイ…人はそれを加齢臭と呼びます。
この加齢臭は、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される「パルミトオレイン酸」という脂肪酸が酸化して、「ノネナールという体臭成分によることで発生します。

ホルモン活動も活発な若いときでしたら、このパルミトオレイン酸が酸化されるのを抑えることができるのですが、
年をとると共にホルモンの働きが鈍くなり、抑えることができずにノネナールを発生させるのです。
いわゆる加齢臭です。

足の裏には汗腺だけで皮脂腺は存在しません。
が、足の裏以外には毛穴があり、その奥には皮脂線があり、ズバリ、加齢臭が発生します。
つまり、ダブルパンチでニオイが臭くなるのです。

トップへ戻る